ホーム > 野の花365日 > その日の花 10月23日 ヤマジノギク




10月23日[その日の暦]

 
   ヤマジノギク (キク科) Aster hispidus

西日本には,秋になると一面ススキの穂で埋まる草原が多いが,そんなところに必ずといって花を咲かせているのが,このヤマジノギクである。
野菊の仲間の重要な識別ポイントのひとつは冠毛の長さだ。ノコンギクなどは長く,ヨメナなどは短い。ヤマジノギクの仲間は,中心部の筒状花の冠毛は長く,周辺部の舌状花の冠毛は短いのが特徴とされている。
しかし,大陸では必ずしもそうではなく,ノコンギクと同じようにすべての小花の冠毛が長い種もある。また,日本でもある地域では,冠毛の長さにばらつきが多いことが最近明らかになってきた。
日本での東北限は東海地方で,多くの大陸性草原植物と同じように,分布の中心は西日本である。


2003年10月30日 福岡県北九州市
キャノンEOS-1Ds  EF TS-E24mmF3.5L f11 絞り優先オート(-0.5)  1/ 181秒 ISO100 AWB AdobeRGB

前の日
野の花365日 
次の日

撮れたてドットコムのヤマジノギクへ

【メルマガ登録】

フィールドでいがりまさしが直接指導
いがりまさし植物写真 ワークショップ
全国で開催中!



Copyright (C) 2004 / MASASHI IGARI / All Rights Reserved.