ホーム > 野の花365日 > その日の花 1月6日 オヘビイチゴ




1月6日[その日の暦]

 
   オヘビイチゴ (バラ科) Potentilla sundaica var. robusta

霜の朝は朝寝坊などしてはいられない。その日の霜の状態によって,どんな平凡な植物が輝くかわからない。しかし,その時間は早朝のごく短い間だけだ。
オヘビイチゴは,水田周辺の平凡な雑草。陽春の頃,田の畦をややだらしなく黄色の花で彩っているのを見た記憶がある方も多いかもしれない。
五つにわかれた葉が特徴的だが,この葉が霜にあたると赤味を帯び,ひと霜ごとに鉛の入ったような渋い色を深めていく。寒さと戦って春を待つ。その真剣なまなざしはどんな平凡な雑草もかわることはない。

【見わけ方】
同じようなところに生えるヘビイチゴヤブヘビイチゴは3小葉になるのでその点で識別できる。また,ほかのキジムシロ属の仲間の多くも,3小葉か羽状複葉になる。5小葉である点に着目すれば,まずオヘビイチゴと考えてよい。
詳しくはキジムシロの仲間(会員のみ)へ。

【ひとくちメモ】
イチゴと名がつくが,オランダイチゴ属Fragariaでもヘビイチゴ属Duchesneaでもキイチゴ属Rubusでもない。キジムシロやミツバツチグリなどと同じキジムシロ属で,果実はイチゴ状にならず褐色で目立たない。
※写真に写っているへら形の葉はオオジシバリ
2003年2月15日 愛知県豊橋市
キャノンEOS-1Ds  タムロンSP90mmF2.8 f16 絞り優先オート  1/ 1秒 ISO100 AWB sRGB

前の日
野の花365日 
次の日

撮れたてドットコムのオヘビイチゴへ

【メルマガ登録】

フィールドでいがりまさしが直接指導
いがりまさし植物写真 ワークショップ
全国で開催中!



Copyright (C) 2004 / MASASHI IGARI / All Rights Reserved.