ホーム > 野の花365日 > その日の花 2月15日 Crocus vernus




2月15日[その日の暦]

 
   Crocus vernus

ベニスで行われた国際スミレ交流会が終わったあと,イタリア北部のフィールドを歩いてみた。まだ3月初めのことなので,あまり期待はしていなかったが,北イタリアの春の花は意外に早かった。
なだらかな丘陵地帯に葡萄畑が広がり,ところどころ落葉樹林が点在する。その雑木林の縁には,クリスマスローズの仲間Helleborosや黄色いサクラソウPurimulla vulgaris,そしてニオイスミレに似た白花のスミレViola albaなどが花盛りだった。
中でも目を引いたのがこのクロッカスCrocus vernusの群生である。同じ種ばかりの群生だが,たいていは紫花と白花が混じっている。日本にも同じようなクロッカスは花壇に植えられているが,雑木林の中で見るものは,それとは比較にならないほど輝いて見えた。

【見わけ方】
Crocus属はアヤメ科の多年草で中近東から地中海にかけて,約80種ほどが知られているという。サフランはもともとこのCrocus属の1種Crocus sativusの花支柱を集めて乾燥させたものを指していたが,後に植物そのものの呼び名になった。乾燥サフランは,薬品,香料,薬味,染料などに使われ,中世ヨーロッパでは大変貴重なものとして特別視されていたようだ。

【ひとくちメモ】
Crocusの語源はギリシャ語で糸を意味するkrokos。糸状の花柱に由来する。
2001年3月6日 イタリア北部
ペンタックスZ-1P シグマ24mmF2.8 f16 絞り優先オート(-0.3) フジクローム・プロビア100

前の日
野の花365日 
次の日

【メルマガ登録】

フィールドでいがりまさしが直接指導
いがりまさし植物写真 ワークショップ
全国で開催中!



Copyright (C) 2004 / MASASHI IGARI / All Rights Reserved.