ホーム > 野の花365日 > その日の花 4月4日 Anemone amurensis




4月4日[その日の暦]

 
   Anemone amurensis

沿海州は早春の野草がすばらしい。都市近郊でさえもいたるところの雑木林で,春植物の大群落がいっせいに花を咲かせる。
エゾエンゴサク,タツタソウ,エゾキンポウゲミヤマスミレリュウキンカなどが主なものだが,そのなかでももっとも代表的といえるのが,このウラホロイチゲではないだろうか。
比較的最近になって北海道にも分布が見つかり,ウラホロイチゲという和名が与えられたが,海外で撮影したものなので,タイトルは学名にしてみた。種小名は「アムールの」という意味だ。まさに極東ロシアを象徴する春の花ではないだろうか。
美しい灰褐色の林に似合う清楚な野草である。

【見わけ方】
沿海州にはAnemone radeanaアズマイチゲも分布しているが,数は圧倒的にAnemone amurensisのほうが多い。

【ひとくちメモ】
現在のロシアではAnemone属をさらに細分化して,この種をAnemonoides属に分類することが多い。
2003年4月28日 ロシア沿海州
キャノンEOS-1Ds  EF TS-E24mmF3.5L f16 絞り優先オート(-1)  1/ 45秒 ISO160 AWB sRGB

前の日
野の花365日 
次の日

【メルマガ登録】

フィールドでいがりまさしが直接指導
いがりまさし植物写真 ワークショップ
全国で開催中!



Copyright (C) 2004 / MASASHI IGARI / All Rights Reserved.