ホーム > 野の花365日 > その日の花 5月4日 エゾノリュウキンカ




5月4日[その日の暦]

 
   エゾノリュウキンカ (キンポウゲ科) Caltha palustris var. barthei

北海道の山では,残雪が割れ,沢を流れる水が顔を出すと,真っ先に花を咲かせる植物である。花期が早いことと,雪解けの早い沢沿いに生えることが,この植物を雪どけの植物に仕立てている。
ミズバショウも同じような環境,同じような季節に花を咲かせるので,一緒に生えていることが多い。
本州に生えるものをリュウキンカ,北海道に生える大型のものをエゾノリュウキンカとするのが普通だが,本州のものも北へ行くほど大きくなり,北海道のものと明確に線が引けるかどうかは疑問である。

【見わけ方】
より湿った環境に生え,茎が伸び這うものをエンコウソウとして区別する。

1999年5月16日 北海道雨竜郡
ペンタックスZ-1P  f16 絞り優先オート(-0.3) フジクローム・プロビア100

前の日
野の花365日 
次の日

撮れたてドットコムのエゾノリュウキンカへ

【メルマガ登録】

フィールドでいがりまさしが直接指導
いがりまさし植物写真 ワークショップ
全国で開催中!



Copyright (C) 2004 / MASASHI IGARI / All Rights Reserved.