ホーム > 野の花365日 > その日の花 6月23日 カキツバタ




6月23日[その日の暦]

 
   カキツバタ (アヤメ科) Iris laevigata

「いずれが菖蒲か杜若」といえば,似ていて見分けが難しいもののたとえだが,実はアヤメとカキツカキツバタバタの識別は難しくない。外花被片に網目状のもようがあればアヤメ,単純な白い紋だけだったらカキツバタである。
難しいのは,カキツバタとノハナショウブである。いずれも単純な紋だが,ノハナショウブは黄色を帯び,カキツバタは白い紋である。新鮮な花なら問題ないが,花がすがれはじめると,色が変わることもあり,あまりあてにならない。
もっとも確実なのは葉の中心部の太い顕著な稜を確かめるといい。稜があればノハナショウブ,なければカキツバタである。
カキツバタの方がノハナショウブよりもひと月ほど花期が早い。本州中部の低地では,カキツバタは5月中,ノハナショウブは6月に入ってから見ごろになる。


2003年7月6日 群馬県尾瀬
キャノンEOS D60  f11 絞り優先オート(-0.5)  1/ 90秒 ISO100 MWB sRGB

前の日
野の花365日 
次の日

撮れたてドットコムのカキツバタへ

【メルマガ登録】

フィールドでいがりまさしが直接指導
いがりまさし植物写真 ワークショップ
全国で開催中!



Copyright (C) 2004 / MASASHI IGARI / All Rights Reserved.