ホーム > 野の花365日 > その日の花 8月7日 シシウド




8月7日[その日の暦]

 
   シシウド (セリ科) Angelica pubescens

野草のなかでは最大のもののひとつだろう。
しかし,ひとつひとつの花は小さいので,「花の大きさ」という点ではヤマユリなどに及ばない。また,草丈という点では,タケニグサとどうだろうか。また,クズなど2-30mにもなるつる性の茎の長さからすると,やはりはるかに及ばないだろう。
しかし,いずれにしても,「壮大」な感じのする野草である。特に,夏の草原に周囲からひときわ突出して立ちすくんでいるようすは,壮観だ。
花は1回稔実生。多年草ではあるが,花が咲くまでに何年かかかり,花が咲いた個体は,実を結ぶと枯れてしまう。花から結実までのスピードも速く,夏の終わりには,もう完全に枯れているものを見かける。
そのようすは,まるで弓矢折れ果てた戦のあとのようである。

【見わけ方】
オオカサモチは,やはり大きくなるセリ科植物だが,総苞片が切れこむ。

2003年8月3日 長野県霧ケ峰
キャノンEOS-1Ds  EF TS-E24mmF3.5L f11.31 絞り優先オート  1/ 256秒 ISO100 MWB AdobeRGB

前の日
野の花365日 
次の日

撮れたてドットコムのシシウドへ

【メルマガ登録】

フィールドでいがりまさしが直接指導
いがりまさし植物写真 ワークショップ
全国で開催中!



Copyright (C) 2004 / MASASHI IGARI / All Rights Reserved.