ホーム > 野の花365日 > その日の花 8月13日 チシマキンレイカ




8月13日[その日の暦]

 
   チシマキンレイカ (オミナエシ科) Patrinia sibirica

本州の高山は,たいてい切り立った稜線の上に登山道があり,そこにいるだけで緊張を強いられる。それが魅力でもあるのだが,北海道,特に大雪山はその点が少しちがう。
典型的なのは,白雲岳から忠別沼あたりにかけての高根ヶ原だろう。ここは,稜線というより平原に近い。東側こそ切れ落ちてはいるが,西側は見渡す限り台地が続くばかりだ。しかし,平地の平原と違うところは,高山帯のため,地面に伏すように生えるハイマツやタカネナナカマドのほかには,立木らしい立木が見えないこと。
ごろごろした礫地に,コマクサイワウメのような小型の高山植物が点々と生えている。
トムラウシ山を見放せる忠別沼付近の台地には,チシマキンレイカが点々と咲く礫地がある。ここも,山というより平原に近い。どこか外国の乾燥地帯に来たような錯覚に囚われる風景である。

【見わけ方】
チシマキンレイカは別名タカネオミナエシ。低地に生えるオミナエシをグッと寸詰まりにすれば,なるほどチシマキンレイカの感じになる。

1994年7月20日 北海道大雪山
ペンタックスZ-1P FA★ズーム28〜70mmF2.8  f11 絞り優先オート フジクローム・プロビア100

前の日
野の花365日 
次の日

撮れたてドットコムのチシマキンレイカへ

【メルマガ登録】

フィールドでいがりまさしが直接指導
いがりまさし植物写真 ワークショップ
全国で開催中!



Copyright (C) 2004 / MASASHI IGARI / All Rights Reserved.