ホーム > 野の花365日 > その日の花 8月20日 オゼミズギク




8月20日[その日の暦]

 
   オゼミズギク (キク科) Inula ciliaris var. glandulosa

尾瀬といえば,まずミズバショウの季節,その次がニッコウキスゲ,そして紅葉のシーズンというのが人気のあるベスト3だろう。
生来のあまのじゃくもあるが,人が多いところが好きになれないので,それ以外の季節に入山することが多い。
なかでも,秋風の立ち始める夏の終わりはなかなかよい雰囲気だ。低地ではまだまだ盛夏と遜色のない暑さだが,湿原を渡る風はめっきり秋らしくなってくる。
サワギキョウの紫,イワショウブの白,そして黄色のオゼミズギクがこの頃の代表的な花だろう。いずれも,夏の花とも秋の花ともつかぬ頃に咲くが,空気の透明度を察知するかのように咲き始めるところは,やはり秋の花と考えたくなる。
むろん,それは暑さにうんざりしているせいかもしれない。


1997年8月18日 群馬県尾瀬ヶ原
ペンタックスZ-1P FA★ズーム80-200mmF2.8 f4 絞り優先オート フジクローム・プロビア100

前の日
野の花365日 
次の日

撮れたてドットコムのオゼミズギクへ

【メルマガ登録】

フィールドでいがりまさしが直接指導
いがりまさし植物写真 ワークショップ
全国で開催中!



Copyright (C) 2004 / MASASHI IGARI / All Rights Reserved.