作例集
ホトケノザ図鑑ページへ

ホトケノザを撮る

春・人里


クローズアップは花の高さにカメラをセット

クローズアップにしても群落を風景的に撮っても絵になるすぐれた写材だ。また,花期が早いので霜の降りた朝に撮影するといい季節感が出る。クローズアップは,多くの花にピントの来る位置を探すのがポイント。また,草丈は低いが,カメラもそれに合わせて低くセットするのが基本。こうすることで,バックが遠く離れて被写体が浮かび上がる。


ホトケノザ 写真1


天候は,晴れだが時おり雲が太陽を遮る。そのときを狙ってやわらかい光線で撮影。カメラはレンズの台座を使って地面スレスレにセットしてある。バックに遠くの山を持ってきたことで花を浮かび上がらせることができた。

【撮影日】2008/3/26 【撮影地】愛知県豊橋市
CanonEOS 40D EF70-200mmF2.8USM IS f4 絞り優先オート(+0.33) AWB AdobeRGB

拡大モード

ホトケノザ 写真2


草むらの中に咲くホトケノザ。ホトケノザのバックは山で,上部に空がのぞいている点に注目してほしい。これ以上カメラの位置が低くても高くてもバランスを失う。

【撮影日】2008/3/26 【撮影地】愛知県豊橋市
CanonEOS 40D EF70-200mmF2.8USM IS f4 絞り優先オート(+0.33) AWB AdobeRGB

拡大モード

ホトケノザ 写真3


2と同じ被写体をわずかにカメラの位置を下げて撮影したもの。バックが逆光の空になってしまい,被写体がくすんでしまった。

【撮影日】2008/3/26 【撮影地】愛知県豊橋市
CanonEOS 40D EF70-200mmF2.8USM IS f4 絞り優先オート(+0.33) AWB AdobeRGB

拡大モード

ホトケノザ 写真4


2と同じ被写体をカメラの位置をわずかに上げて撮影したもの。周囲がボケているのでそれなりに被写体は浮かび上がっているが,山の端が入っている方がはるかに奥行きの感じられる写真になる。

【撮影日】2008/03/26 【撮影地】愛知県豊橋市
CanonEOS 40D EF70-200mmF2.8USM IS f4 絞り優先オート(+0.33) AWB AdobeRGB

拡大モード

ホトケノザ 写真5


群落を風景的に撮影したもの。あらかじめ見つけておいたホトケノザが咲いている柿畑。午後の光線では逆光にしようとすると車道がバックになってしまうので,朝のうちに撮影するようにプランを立てて出かけてみた。手前に密度の濃い群落を配置すると量感が出る。

【撮影日】2008/3/28 【撮影地】愛知県豊橋市
CanonEOS 40D タムロン SP AF17-50mmF2.8 f10 絞り優先オート(+0.33) AWB AdobeRGB

拡大モード



ユーザー登録すると
撮れたてドットコムのすべての機能が使えるようになります。
いますぐ登録

このページへのダイレクトリンク歓迎です

【作例集TOP】

【撮影術TOP】

Copyright (C) 2008 / MASASHI IGARI / All Rights Reserved.