ホーム > 野の花365日 > その日の花 5月15日 エゾムラサキ




5月15日[その日の暦]

 
   エゾムラサキ (ムラサキ科) Myosotis sylvatica

「上高地にワスレナグサが咲いていた」
そう聞けばたいていこのエゾムラサキである。海苔の佃煮に似た商品名のものがあったが,「江戸紫」ではなくて「蝦夷紫」である。
ワスレナグサはヨーロッパ原産の植物で,信州や東北地方などでは,時々野生化しているのを見かける。
一方,エゾムラサキはれっきとした在来種だが,自生地は限られていて,信州や北海道などに点々と知られるだけで,どこでもお目にかかれるものではない。
しかし,上高地には個体数が多く,5月下旬から6月に歩けば,たやすく見ることができる。

【見わけ方】
ワスレナグサは外見はそっくりだが,より湿り気のあるところに生え,萼の切れこみが浅く,毛は圧毛のみがある。エゾムラサキの萼は深く裂け,毛はカギ状。

2002年5月15日 長野県上高地
ペンタックスZ-1P  タムロンSP90mmF2.8 f4.5 絞り優先オート フジクローム・プロビア100

前の日
野の花365日 
次の日

撮れたてドットコムのエゾムラサキへ

【メルマガ登録】

フィールドでいがりまさしが直接指導
いがりまさし植物写真 ワークショップ
全国で開催中!



Copyright (C) 2004 / MASASHI IGARI / All Rights Reserved.