ホーム > 野の花365日 > その日の花 7月2日 ヒオウギアヤメ




7月2日[その日の暦]

 
   ヒオウギアヤメ (アヤメ科) Iris setosa

北海道の花の季節のひとつのハイライトは,7月の初めである。
高い山では高山植物が,道東の原生花園では夏の花が見ごろを迎える。
ヒオウギアヤメもそんな原生花園の花のひとつである。原生花園とは北海道の東部や北部の主に海岸に広がる草原状のお花畑の呼称である。似たような植生は東北の海岸などでも見かけるが,特に北海道の海岸お花畑を「原生花園」と呼ぶのが慣わしだ。
ヒオウギアヤメは少し湿り気のある草原や湿地,時に岩場に生える。写真の濤沸湖はオホーツク海に面した湖。湖畔一面にヒオウギアヤメの青紫が縁どっていた。

【見わけ方】
アヤメは内花被片が大きく直立する。北海道には両方とも生えるが,どちらかといえばヒオウギアヤメの方がより湿り気のある環境に多い。

1999年6月12日 北海道網走市
ペンタックス645 SMC4mmF2.8 f22 絞り優先オート フジクローム・プロビア100

前の日
野の花365日 
次の日

撮れたてドットコムのヒオウギアヤメへ

【メルマガ登録】

フィールドでいがりまさしが直接指導
いがりまさし植物写真 ワークショップ
全国で開催中!



Copyright (C) 2004 / MASASHI IGARI / All Rights Reserved.